サウジアラビアの外交

サウジ料理の魅力♪

サウジアラビアの外交

今回はサウジアラビアの外交の紹介をしようと思います。
ソビエト社会主義共和国連邦が最初にそれとアメリカ合衆国のような西欧諸国との関係を認める親米国または英国は独立の後深くあります。
しかし実質的に計画経済に持っていく冷戦の後君主制、そして、特に中東の、それは珍しいです。
他方、イスラム国民のリーダーらしい人であるので、ユダヤ人国家であるイスラエルを承認しません。
しかし、米国と英国との関係が間近であるので、一緒に表面的に反対を避けるかもしれません。
そして、2カ国は互いにこの事実を無視するために良好な状態です。
そのうえ、歴史的な関係は間近です。
そして、王室間の交流は王室が一緒にあるスペインで頻繁です。
そして、友好関係は間近です。
そのうえ、日本には特に1960年代の高度経済成長の後エネルギー外交を推進するかもしれなくて、原油の輸出入のような取引を含むイスラム国のために反対の歴史なしで日本で敵対的でない関係があります。
しかし、他のものは手渡すサウジアラビア(気候の不安と公式に日本とあまりに非常に異なる政治情勢)で人権(特に市民的自由)について大きい問題があるために、宮内庁は日本皇室のサウジアラビアへの道にとても注意します。
キャビネットのような経済理由からの強い要求のために、徳仁皇太子は二回それを訪問しました。
copyright(C)サウジ料理の魅力♪